言葉を使うということ

「好き」ってなんですか? その紙に書いてください。 と、学生さんに伝えると みなさん眉間に皺を寄せて、一瞬フリーズ。(笑) え?好きって何って、、、、 しばらくすると、 みなさんのペンがゆっくり動き出します。 そして一人ずつ発表してもらいました。 …

真似る

更新率の悪い、こちらのブログ。 にもかかわらず、アクセス数みてみると 、、、なんでこんなにアクセス数伸びてるの。。 不思議なプレッシャーを勝手に感じております、伊東です。 さて、今日は「真似る」 見たままの動きを、自分で表現することです。 昔は…

馬に「怒る」!?!?

馬への「怒り方」が分からないです。 ってたまに聞いてくる人がいます。 そもそも、 馬に「怒る」ということはありません。 何をしてほしいのかという 「提案の仕方」を考えたいです。 「怒る」(「だめ!」とか「こら!」とか)は、 考えることを放棄した怠…

馬は好きじゃない

私は、ジャーナリストや記者 志望でした。 社会の常識を問うのが好きで(社会学とか文化人類学大好き)、 「なんで」を突き詰めていきたい!という理由で。 NHKの面接官に言われました。 「事件の被害者家族に断られても、取材をとりにいかないといけない」 …

自由に、贅沢に生きるためには。

『暇と退屈の倫理学』 著者 國分功一郎 久々に、何度も読み直した本でした。 感想↓ ーーーーーーーーーーーー 1冊の本を読む。そしてもう一度読む。2回目のときは、紙にメモを書き落としながら。 その作業を得て、今このようにキーボードで文字を打ち込ん…

自分の鞍は必要か?

ときどき、相談されます、 「自分の鞍は買ったほうがいいのか?」 私個人の意見としましては、 馬具の前に、まず必要な姿勢や使う筋肉を身体で覚えたほうがよいのでは! です。 なぜなら、 実際に、私のお客さんで馬経験者の多くが、鞍のせいで姿勢が崩れて…

馬に毎日乗るか、週に1回乗るか

「やっぱり、週に1回程度じゃ、上手にならないですかね」 って相談、ときどきされます。 ついでに、 「伊東さんは、小学校から馬やってるの?それとも馬術部出身?」 とも言われます。 のん、のん、のん! 21歳なるまで、馬に全く関わっていません。 (旅…