馬コラム

超個人的な意見

「指示」はすべて「質問」と考える~持田裕之先生の講習から~

先日、持田裕之先生のホースマンシップの講習を受けたときのお話。 今回自分の中で、ひっかかったキーワードが「質問」。 →馬への「質問」 →仕事上における「質問」 と、2つに分けてお話します。 馬への「質問」 ~乗馬したことある人向けどす~ どうしても…

自然、動物、人間との接し方(鈴木理策さんの写真展から)

知り合いが薦めてくれた鈴木理策さんの展示会にいってきました。展示会場で、写真たちをみながら「木を見て森を見ず」の言葉がすっとでてきて。いや、ちがうと。 理策さんの作品は 「これ見て、木なのか森の中なのかはさておいて」 って、私のなかで、だいぶ…

「ストレス」=「悪いもの」じゃない!

とっても当たり前の話です。 でも、はっとさせられたので、ずらずらと書きます。 ↓こんな流れどす。 ・心理学の勉強してます ・ストレスは素晴らしい ・じゃあ馬のストレスは ・人間ってストレスに対してちょっぴしやっかいね わたしは、心理士の勉強をして…

停止したときに背中をそる馬

曳馬で、人が止まれば馬が止まる という関係性をつくるときに なかなか止まらない馬に対して、 曳いていない手を挙げてアプローチするときに 曳いている手も上げてしまい 馬の顔が上がっている状態で後退させてしまう人がいました。 なので、その人が扱う馬…

劇的ビフォーアフター

馬に対する・自分に対する考え方が変わったきっかけ (※とっても個人的なことです。) 私が乗馬のインストラクターをしているとき、自分優先の毎日を過ごしていましたが、それに気づけたきっかけがあります。

謙虚な人と、傲慢な人

謙虚な人と、傲慢な人 インストラクターをしていたときの経験から思ったことがあります。 乗馬が上達する人の特徴の1つは、謙虚で話を聞くことができるひと(=馬とコミュニケーションが取れる人)だなと。 私は初心者クラスを担当させてもらっていました。 …

無限の忍耐を

無限の忍耐を 馬に携わっている人なら一度は読んだことあると思いますが、 「リアルライディング」から好きな個所を引用します。 ・思考は現実化する ・よい結果を引き寄せるためのポジティブな言い方をする ・潜在意識を気にする ・思いやりをもつ ・馬をマ…

夢でなく志

夢でなく「志」 先日とてもいいお話を聞くことができました。 池上六朗先生の講習では、治療院の方や整体の方もいらっしゃいますが、わたしのように全くそれらとは関係のない職の人たちもいらっしゃいます。 この間の講習では歴史上でとても有名な方がご先祖…

池上先生の考え方を曳運動に生かしてみました

池上先生の考え方を曳運動に生かしてみました さっそく池上先生の考え方を曳運動でやってみました。 「え。すごい、まじか・・」 でも こんなこと説明したら勘違いでしょっ、て またまた~、って 言われるオチだから やっぱ書くのやめときます。笑 おわり。

池上先生の講習を受けたあと

「え、ん?(お目目くるくる) ・・・♪」 池上先生の施術を受けた後、すぐに担当の馬に会いに行くと、上のような反応でした。 (※↑イメージです) この子はいつでも私をみるとまず、「ブヒヒ」と鳴きます(馬やで)。 おそらく、というより確実に「餌よこせっ…

池上六朗先生の講習

池上六朗先生の講習を受けてきました 「馬の歪みや苦しいところをなおしたいなら、まず自分の歪みをなおしてみたら」 池上先生のお言葉です。 先生は人の痛いところや苦しいところを分子レベルや意識レベルで治療されます。 整体のようにどこの筋肉を伸ばし…

池上六朗先生との出会い

池上六朗先生との出会い 「競馬場というストレスがかかる環境で少しでもリラックスしてほしい。」 「どうやったら曳き馬で有意義な運動をさせられるか。」 「凝り固まった筋肉をほぐしてあげたい。」 私は競馬場では騎乗はできませんでした。 なのでグランド…

厩務員のお仕事

厩務員の1日ってどんな感じか 実際に1日のスケジュールをざざっと書いてみます。 A.M. 1:30 おはよ~。目覚まし時計に起こされ、ゆっくり紅茶飲みます。 2時までに出勤すればいいので、1:50に出ればOK。 化粧はしません。起きてから最短3分で家出れます。…